Cチーム白組&紅組 練習試合4/26、29

まもなく始まる深川春季大会に向けて、Cチームも白・紅ともに練習試合で実戦経験をガンガン積んでいます。

4/26、4/29の練習試合の様子をダイジェストでお伝えします!

 

【白組】

4/26 対 深川ホークス戦 @千石球場

13-8で勝利。

スコアを見る限り、よく打ってよく走っているなぁと思います。

投手も相手をねじ伏せるほどの球速がまだないからとも言えますが、K(三振)のマークが殆どないのです。

ヒットでの出塁にしろ、ゴロやフライでアウトにしろ「振っている」から出る結果

これは高学年のお兄さん、お姉さんにもちょっと見習ってもらいたいところ。

ボール球を振れとは言いませんが、振らなきゃ当たらない、当たらなきゃ点はとれない、ですからね。

とくに今回の上位打線のシュン、ケイスケ、ユウト、ジュンペイ、カイリの5人はいいですね。

きちんと打って出塁し、打った後も次の塁を狙って走っています。走攻守のうち走と攻は合格です。

さてさて問題は「守」でしょうか。スコアにE(エラー)のマークが目立ちます。

試合ということで緊張からくる焦りもあると思いますが、定位置をしっかり覚えていない、構えていないなどのミスもあるのでは?と感じます。何事も基本が大事。監督やコーチから言われていることを忘れずに!

 

4/29 対 豊洲ジュニアキング戦 @豊洲グラウンド

13-2で勝利。

今日も上位打線がよく打っていたのは日曜日と変わらないところですが、今回は下位打線もフォアボールで出塁すると、果敢に盗塁をしています。

出塁され、しかもどんどん走られるとなると相手ピッチャーには相当のプレッシャーになるもの。暴走はいけませんが、サインをよく見て積極的に攻めていきましょう!

今日の殊勲賞はなんといっても3年リョウ。3回表にはなったレフト前への綺麗なツーベース

午前中の練習からいいアタリを見せていました(と、聞いています)が、やはり試合で結果を残しました。

早生まれでちょっと甘えん坊なリョウ。今まで少し自分に自信を持てずにいた感じがありましたが、このヒットで変わってくれるのではないかと思います。

盗塁と相手のエラーなどでホームインし、ベンチに戻ってきたときのリョウがみんなとグータッチしながら、「気持ちよかった!」と顔をくしゃくしゃにして言っていたのが印象的でした。

 

【紅組】

4/29 対 豊洲ジュニアキング戦 @豊洲グラウンド

10-2で勝利。

結果報告によりますと、ミクルがセンターオーバーのいいアタリがあったそうです。選手層の厚い紅組でスタメンを勝ちとるためにもこういうアピールは重要!練習をしっかりやるのはもちろんですが、試合で結果を出せるというのはポイント高いです。

ただし、今回の試合はサインミスが多かったということで、白組に比べるとより高いレベルを目指さなければいけない紅組にとって、勝っても満足のいく試合内容ではなかったようです。

「蟻の穴から堤も崩れる」という諺があるように、小さなミスが相手の大量得点に繋がりかねません。いいペースを保っているところを1ミスで崩すことのないよう集中してプレーしていきましょう。