Aチーム ジャビットカップ深川予選 第1回戦

ジャビットカップ深川予選の第1回戦 対潮見パワーズ戦 は

0-9× 5回コールドで元加賀勝利という結果となりました!

 

9点とれてはいますが、安打数は4なので打って勝ったという感じではなく、相手のミスに乗じて走って勝ったという印象の試合でした。

しかしながら4安打のうち2本はスリーベース。2回に8番カツキがセンターオーバー、そして4回にこの日4番を任されていたケイがレフトオーバーと打った瞬間「デカイ!」とわかるアタリを放ってくれました。

どちらも打点は1ながら、その後自身もホームに返ってきており、この試合の勝利の立役者であることは間違いありません。

残りの2本も記録上は単打に終わっていますが、2回に6番リクが打ったライトへのヒットは2人をホームに返すタイムリー。4回、レフトへのヒットで出塁したカツキも、のちに6点目に繋がるランナーとなるなど、全体を通して残塁が殆どなく、得点効率のよい試合だったと言えるでしょう。


打撃のことを最初に書いてしまいましたが、実は本日の一番のナイスプレーは走塁にありました。

2回裏、カツキのスリーベースのあとフォアボールで出塁した4年生のタイヨウ。その後、二盗を決めて1アウトランナー2・3塁の場面。1番キョウがスクイズです。

ピッチャーが捕球し、ファーストへ送球したのを見てカツキがホームを狙います。ここまではセオリー通り。

通常ならカツキがホームに返り、タイヨウが3塁進塁でメデタシメデタシな場面ですが、なんとビックリ!カツキがホームを踏んだその直後、タイヨウが3塁を駆け抜けてホームに返ってきたのです!

結果、ツーランスクイズという非常に珍しいプレーが生まれました。

相手ピッチャーのファーストへの送球がわずかに逸れたのを、走りながら冷静に見て「イケる!」と踏んだタイヨウ。監督、コーチをも唸らせるNice Judge & Runでした!(このフレーズ、スコアブックにメモ書きが残ってたのをいただきました。スコアラーのケイ母ありがとう♪)

5、6年生にまだまだ不足がちな「次の塁を貪欲に狙う姿勢」を4年生が教えてくれました。

 

投げては、5回63球1安打9奪三振でエース・リュウが今日も完封。1つ与えてしまったデッドボールさえなければ、無四球完封だっただけにちょっとだけ残念ですが、この調子で次の試合も頑張りましょう!

 

守備の面ではリュウの奪三振が多かったので、これといったエピソードがないのですが、4回表の先頭バッターの打球がショートへいったときのカツキのプレーは「守備の華」と称される遊撃手の、まさにそれでした。

普通ならバンザイで抜けてしまいそうなショートバウンドの球を、タイミングを合わせてジャンピングキャッチし流れるようにファーストへ送球!「惚れてまうやろー!(古いか)」な華麗なプレーでした!

 

ジャビットカップ深川予選の2戦目は17日(日)の9:00~夢の島6面、対江東ファイターズ戦です。

Bチーム時代の深川春季大会・準決勝で敗北を喫している相手ですが、1年前とはキミたちも絶対違うはず。状況を見て瞬時に判断し、自分のためではなくチームのためのプレーを心がければ、勝利への道はきっと開かれるはずですよ!