ジャビットカップ深川予選 2回戦

江東大会の雪辱を誓った今年のジャビットカップでしたが、残念ながら道なかばにして倒れることとなりました。

5/17 ジャビットカップ深川予選 2回戦

対 江東ファイターズ戦 @夢の島6面 9:00~10:30

3-5× 6回時間切れにて終了。

逆転するぞと最後まで必死に追いかけていただけに、悔しい敗戦です。


じゃんけんで負けて先攻となった元加賀。

須藤監督の「野球で勝てばいいんだ!」の言葉に、選手たちも「そうだ!」と気持ちを昂ぶらせます。


1回表の先頭バッターはやはりこの人、“見えてる男”ユウキ。3ボール1ストライクからの5球目ボール!フォアボールで出塁です。

初回の1番バッターの役割は、仲間にできるだけ多くの球を見せ、そして出塁し、チームに情報と勢いを与えること。ユウキはいつもこれをきちんとこなします。

2番キョウスケの内野安打、4番リュウのレフト前、5番カツキのセンター前とによりユウキがホームイン。元加賀1点を先制します。

しかしその後、1死満塁の状況で8番が打ったゴロをファーストが捕球しホームへ送球。キョウスケがフォースアウトとなり2アウト。続く7番も三振で三者残塁でイニングを終えることとなりました。

 

その裏、相手の1番、2番に連続してセンターへ運ばれますが、後ろには逸らさずシングルヒットに抑えた……と思ったそのときです。どうしてもサードで止めようと焦ったか、センターからの送球が大きく逸れサードが捕球できず、サードランナーを本塁に返してしまいました。

このプレーで2番バッターもセカンドに進み、1点追いつかれてのノーアウトランナー2塁という厳しい状況が続きます。守備の連携の乱れでの1点は、相手にドカンと打たれての1点よりもジワジワとダメージがくるもので、内野外野ともに元気がありません。

そんな中、空気を変えたのはこの男。キャプテンのリュウです。3番、4番、5番のクリンナップを三者連続三振に抑え、意気消沈したチームメイトたちに喝を入れてくれました。

 

そんなリュウの頑張りに応えたい、いや応えなければならない2回、3回でしたが得点を奪えず、それどころか3回表はクリンナップがわずか5球で抑えられるという最悪の事態に。

相手投手を楽をさせてしまうということは、相手に勢いを与えてしまうということ。そしてそれは自分たちの勢いを失くしてしまうということ……。

案の定、3回裏セカンドのエラーで出塁した2番打者。そのエラーを処理したセンターの送球をショートが中継。その間にランナーは三塁ベースを蹴ってホームへと向かっています。本来ならここでショートはホームへ送球し、アウトをとらねばならないところですが、やはり勢いのない状態というのは判断力をも鈍らせるものなのか、サードへ送球。サードも必死でホームへ送球しますが間に合わず、球審の判定はセーフ!1-2と相手にリードを奪われます。またも自滅した形での失点に、ベンチにもそして選手にも湿った空気が流れます。

続く3番打者がデッドボールで出塁すると、盗塁で2塁へ。4番打者はフォアボールで出塁、5番打者の犠打で1アウトランナー2、3塁となります。

続く6番の打席でピッチャーがセカンドへ牽制。流れの悪いときには悪いことが続くもので、セカンドに入っていたショートがこれをエラー。サードランナーが一気にホームへ向かい、追加点をとられます。またもや自分たちのミスでの失点となりました。

 

4回に入り、元加賀6番からのスタート。リクが左中間を貫く当たりで出塁すると、そのあとコウシロウもフォアボールで出塁します。ランナー1、2塁で8番の打席に立つのは、最近オール江東女子でもホームランを放ち、絶好調のモエカ。1球目見送りのストライク、2球目見送りのストライク……追い込まれてしまい、これはきついか?と思われた3球目、モエカのバットから快音が響き、ボールは大きく弧を描いてセンターの後方へ!

セカンドランナーのリクが、そしてファーストランナーのコウシロウが続いてホームイン!試合を振り出しに戻す、値千金のツーベースです!

ここでの盛り上がりが、このまま続いていれば試合を有利に進められていたのかもしれません。残念ながら、このあと9番のピッチャーゴロのおかげで3塁まで進んだモエカでしたが、ホームで仕留められてしまい、その後1塁ランナーがタッチアウトでチェンジ。せっかくの追加点のチャンスを活かしきれませんでした。

追いついて勢いのある状態は裏の守備にも好影響を及ぼしたようで、ランナーを得点圏に進めてしまうピンチがあっても、きっちり踏ん張って点を与えることはありませんでした。

 

仕切りなおしの5回表。この回先頭バッターのキョウスケがサードへの強襲ヒット!サードが弾いた球がボールデッドとなり、2塁まで進塁します。直後、パスボールで3塁までキョウスケが進塁し、さあホームを狙うぞというこの場面。続くクリンナップが三振、三振、ショートゴロであえなくチェンジとなってしまいます。

相手にしてみたら、サードランナーを背負いつつ、クリンナップを仕留めたというのは非常に大きな自信となりますし、それがチーム全体の活気となります。そして相手の活気というものは、こちらのペースを乱すのです。

 

5回裏、先頭バッターをサードのエラーでいきなり出塁させてしまいます。ここまできっちり守ってきていたのに、なぜこの場面で?と悔しく思うものの、流れというのはそういうものなのでしょう。続くバッターは5番。きっちり犠打を決めて1アウト、ランナー2塁とします。そして迎えた6番、初球を打たれたものの、球の威力が勝り、ピッチャーフライ……のはずが、神のいたずらか悪魔の罠か、コレをワンバンで捕球。ファーストへの送球も間に合わず、2塁ランナーも3塁へと進めてしまいます。

空回りしだした歯車は、もはや止めることができません。その後、2つのパスボールでランナー2人をホームに返してしまい、この回再び突き放されました。打たれたわけでなく、三度(みたび)自らのエラーでの失点です。


6回の攻撃は4回表のあの2点奪取のときと同じ打順!ひょっとしたらの期待も空しく、わずか8球で三者凡退となりました。あとは最終回に賭ける……そう誓って守備についた6回裏、2人目のバッターに打順が回ったそのとき、球審から「集合!」の声がかかったのです。無情の時間切れ宣告でした。


ここのところ、逆転勝利など粘り強い試合展開を見せてくれていた元加賀Aチーム。

今日もどんな悪い状況でも、きっと跳ね返してくれると信じていました。

時間切れというエンディングは正直、想像だにしていなかったです。

少年野球には時間切れがある。ゆえに時間とも戦わなければいけないのだということを再認識させられました。


正直に言えば、この日は朝から少し嫌な予感がありました。

先日の江東大会の敗戦の日と同様に、選手たちの様子が少しおかしいのです。

言葉で説明するのはちょっと難しい感覚的なものですが、浮き足立っていると言うか、地に足が着いていないというか、集中力に欠けているように見えました。


そして試合中も、言われていることが何一つ出来ていないと、歯がゆく感じていました。

1)チームバッティングを心がけていない

(具体的に言えばノーアウトで3塁にいるキョウスケを、ホームに返してやれなかったときなど)

2)声が出ていない

(ベンチの雰囲気の悪さ、暗さは江東大会の敗戦時と同じでした。自分が試合に出ていなくても、声で一緒に戦ってやるべきですし、試合には出ているけど打順じゃないからという選手だって打席に立つ子や、塁に出ている子を声で助けてやることができるはずです。現に、相手チームはそれをしていました。)

3)瞬時の判断力が足りない

(試合の流れが変わるとき、そこには判断の早さと正確さがどうかということが大いに関わっていると感じます。その判断が早く正確なものであれば試合は勝利へと流れていきますし、その判断が遅れた上に間違ったものだとしたら、破滅への道を辿ることになります。今回の試合で言えば、送球や捕球での判断ミスが目立ち、それが試合の流れを決めてしまったとも言えます)


3は日々の積み重ねも必要なことで一朝一夕にはいかないかもしれませんが、

1、2番は自分たちの心がけ次第でいくらでも変われるところです。

「この敗戦を次への糧とし、気持ちを切り替えて深川大会に臨んでほしい」と思います。