Bチーム 5/30練習試合

暑い暑い5月30日の土曜日。久々にBチームの練習試合が入りました。

夏の新人戦に向けて、どういったチームにしていくか須藤監督の目も光ります。


相手チームは葛飾区の強豪、金町ジャイアンツさん。

金町ジャイアンツさんとは過去の対戦でも、圧倒的な強さで倒された記憶があります。ここはなんとか自分たちの成長の様子も見せたいところ。


元加賀、先攻で始まった1回表

フォアボールで出塁した1番カンタが盗塁を決めると、2番ミクルが送りバント。

ピッチャーが捕球し送球したものの、ファーストがこれをエラー。この間にカンタがホームインし、まず1点先制です。

2塁まで進んだミクルがパスボールで進塁し、その後3番の5年ユウキがフォアボールで出塁しノーアウトランナー1、3塁。またもや元加賀得点チャンスとなります。

そのチャンスにBチームの主砲4番カイト。カウント1-1からの3球目、カイトのバットがブンと唸りをあげると、ボールは綺麗にレフトへ弧を描きます。これが犠牲フライとなり、ミクルがホームへ帰還し2点目をあげます。

そしてこのミクルがホームへ向かった際に、レフトからの送球を相手捕手がパスボールをしたのを見逃さなかったのがユウキ。一気にホームへ向かい3点目。チームプレイと積極性がいい形で現れた展開です。

しかし攻撃もここまで。続く5番、6番でポンポンとアウトをとられてしまいチェンジです。


1回裏。元加賀の先発はコウシロウ。1番バッターをセカンドフライに打ち取り「好発進!」と喜んだのもつかの間、2番、3番、4番に外野に連続で運ばれあっさり2点を返されてしまいます。

この嫌な流れを変えてくれたのが、女房役のカイト。1塁ランナーが2盗を仕掛けてきたところを、ビシッと刺し2アウトとします。これでだいぶ楽にさせてもらったコウシロウ。続く5番を三球三振で仕留めて踏ん張ることができました。


2回から4回の元加賀の攻撃は得点することができず、1回表で見せた勢いが完全に消えてしまいました。せっかくチャンスができても、チームプレイに徹することができず、得点圏にランナーを残したままチェンジという状況が続きます。

反対に、金町ジャイアンツさんは3回裏にライト前で出塁した9番打者が、ワイルドピッチ2連続でホームへ還り1点を追加。投球が乱れてきたこともあり、4回からはファーストとピッチャーが交代となりました。

二番手ピッチャーは4年のタイヨウ。しかしタイヨウの力投も、肝心の守りがエラー連発となり一挙3点を奪われ、突き放されてしまいます。


5回表、相手もピッチャー、センター、ライトが交替します。1回表と同様フォアボールで出塁したカンタが盗塁後、ミクルが犠打でサードへ送ります。そして3番・4番のユウキとカイトのライト前、センターオーバーの2本のヒットにより2点が追加され、元加賀も反撃開始…のはずでしたが、続く5番・6番がチームバッティングに徹することができず、この回2点どまりで終えてしまいます。

5回裏、6回表は両者得点なし。6回裏にフォアボールと送球エラーにより1点を追加され、7回の上位打線から絶好の打順も、三者凡退で終了。

結果5-7でまた敗北を喫してしまいました。


今回の敗因は、「守備力の不安定さ(特に外野陣)」「場面に応じた対応の不足」だと分析します。高学年になるに従い、外野へ運ばれることも増えていきます。内野が抜かれてしまった場合にはまだ外野がカバーしてくれますが、外野が抜かれてしまうとカバーしてくれる人はいません。

フライの捕球、捕球してからのさばき方、中継への送球、どれも練習あるのみのことばかりです。もしどうしてもわからないことがあるのであれば、練習の際にコーチや監督に質問してみましょう。

それから、高学年になって「チームバッティング」を指摘されることが多くなっているのですが、打席に立つとそれがすっぽり抜けてしまうのか、スタンドプレーに走りがちです。場面を見て「ここは転がすところ」「カウントノースリーなんだからまだ待ってていいところ」「ツーストライクだからクサイところは振っていくところ」など、打席に立っても1球ごとに状況は変わっていきます。少し頭を使ったバッティングを心がけるようにしていきましょう。