Cチーム白 深川秋季大会  1回戦 9/20

9/20 11時から夢の島グランドにて深川秋季大会が始まりました。
我が元加賀はCチーム白組が先陣を切って登場しました。

4年、3年、2年で構成されたCチーム白組、初戦突破を目指して深川ライナーズさんと対戦です。
全力で戦いましたが、結果は1対14での敗戦となりました。

 

深川ラ 1 1 7 5
元加賀 0 1 0 0
 
立ち上がりは互角の展開でした。

先発は、4年生のアツシ。
ストライク先行のピッチングで、初回は1番、2番をピッチャーゴロとショートゴロに打ち取ります。
3番バッターにライトオーバーのランニングHRを喫しましたが、その後をサードフライに抑えて最少失点で切り抜けます。

 

2回もサードゴロ二つで簡単にツーアウトを取りましたが、その後フォアボール、盗塁後の内野ゴロ悪送球で1失点。
それでもその後をショートゴロに打ち取り、2回も最少失点で切り抜けました。

この1、2回でショートゴロ二つとサードゴロ二つ、サードフライが一つありましたが、ショートの3年生ユウト、サード2年生セイシロウがしっかりと処理しました。


序盤の拮抗した展開は、アツシの制球力と三遊間の堅い守備がもたらしたと言ってよいと思います。

 

攻撃面では、1回は三者凡退に倒れたものの、2回は4番のリンタロウがデッドボールで出塁後、盗塁。
5番カイセイはファールで粘ってフォアボールで出塁。
相手ワイルドピッチで2、3塁の場面で、ミコトが振り逃げでファーストに駆け込み、満塁とします。
そして9番リョウがしぶとくフォアボールを選んで、押し出しで1点を返しました。

 

善戦どころか勝利の期待も高まる3回表の守備でしたが、2巡目に回った打線に、アツシがつかまります。
先頭打者のセンター前ヒット、盗塁後のファーストゴロの間に1失点。
相手4番バッターにセンター前ヒットを喫して、二盗、三盗を決められ再びピンチ。
次打者のセカンドゴロの間に2点目の失点。
それでもツーアウト。なんとかここで踏ん張りたい局面でしたが、フォアボール、ヒット、エラーが重なってさらに4失点。

 

ここで、ピッチャーのアツシとファーストのケイスケが交代。
サウスポーのケイスケ、緊急登板でしたが、この場面を1失点で切り抜けました。

 

3回裏の攻撃は、リンタロウが2打席連続のデッドボールで出塁するも後続が打ち取られて無得点。
3回終了後9対1となり、相手との自力の差を感じる展開となりました。

 

4回表にも5点を失い、4回裏の攻撃を迎えます。
コールド負けを避けたいところ。
代打ハルト、ミコト、エイキの3連打でノーアウト満塁とし大量点のチャンスを迎えますが、後続が倒れて残念ながらゲームセット。

 

得点差が開きましたが、そこまでの差を感じさせない戦いぶりだったと思います。
先発メンバーのうち7人が3年生以下(2年生1人)であったことを考慮すると善戦と言える内容でした。
特に、守備は基本的なミスはほとんどありませんでした。
キャッチャーのリンタロウも結果的には盗塁を刺すことはできませんでしたが、正確なスローイングでもうちょっとでアウトになる場面がいくつもありました。

 

3年生以下のメンバーは、本格的な大会に出場することが初めてのメンバーも多かったわけですが良い経験になったと思います。
これから竹の子リーグやキッズリーグなどの大会が控えています。

次の試合に向けての更なる飛躍を期待したいと思います!