Bチーム 深川秋季大会 2回戦 9/23

9/23 Bチーム深川秋季大会 準決勝

 

強豪の越中島ブレーブスさんとの対戦。一丸となって戦いましたが、1対7での敗戦となってしまいました。

 

元加賀 0 0 0 1 0
越中島 1 0 4 2 ×

 

先日行われた5年生以下が対象となる江東区新人戦チャンピオンの越中島ブレーブス。
優勝チームにふさわしく全ての面において一枚上手と感じました。

 

背番号4の先発投手は、長い手足から角度のあるボールを投げ下ろす本格派タイプ。。
元加賀1回の攻撃は、2番ダイスケがフォアボールを選んで盗塁を決めましたが、後続が打ち取られます。

 

元加賀の先発は5年生のユウキ。一昨日の2回戦では、ロングリリーフで相手を無得点に押さえました。
今日も立ち上がりは悪くないと感じましたが、いきなりブレーブスの一番打者がセンターへのツーベースヒットで出塁。
2番バッターが確実に送りバントを決めると、3番バッターに一塁線を抜かれて先制点を奪われました。
しかし、バッターランナーが狙った本塁生還は、ライト・タクミ→セカンド・タイヨウ→キャッチャー・コウタの見事な中継プレイでホームタッチアウト!

最少失点で切り抜けました。

 

2回の攻防は、元加賀が三者凡退、ブレーブスにはツーベースを打たれましたが、スローボールを有効に使ったユウキの緩急ある投球で無得点に押さえます。

 

3回の元加賀が三者凡退に倒れた、その裏のブレーブスの攻撃。ここでブレーブスが仕掛けてきました。
先頭の9番バッターがバントヒットで出塁し、盗塁。その後、次打者がセカンド内野安打で無死2、3塁のピンチ。
ここで2番バッターがライト前ヒットで2点を失いました。その後ランナーに二盗、三盗を決められ、3番バッターのセンター前ヒットで1失点。さらにそのランナーが二盗、ボークの後のワイルドピッチで計4点を失いました。
ブレーブスの揺さぶりと積極的な走塁、前進守備の陣形をコンパクトなスイングで抜いていく攻撃は見事でした。

 

4回表、元加賀も意地を見せます。
2番ダイスケのショートへの内野安打の後、3番モエカがライトへツーベスヒットを放ち1点を返しました。しかし4番カイトのピッチャーゴロにセカンドランナーのモエカが飛び出しアウトにされてしまいます。
その後、フォアボール二つを選んで、ツーアウトながら満塁としますが、8番タイヨウがショートゴロで反撃は一点止まりでした。

 

結局4回裏にもブレーブスにスクイズなどでダメ押し点を奪われ、1対7でゲームセットとなりました。

 

元加賀も随所に良いプレーがありましたが、冒頭に書いたとおりブレーブスの一枚上手の野球にやられました。
3回にギアを入れ替えてきたブレーブスの攻撃を防ぐことができませんでした。
1、2回でこちらの守備の弱みを見極めてそこを徹底的に突いてくる野球を可能にするのは、確かな技術と戦術理解力、状況判断力だと感じました。
ファーストランナーコーチの打者やランナーへの的確な指示にもその一端があらわれていました。
ランナーが居ない時でも、外野の守備陣形をチェックして的確にバッターに伝えていました。

 

我が元加賀Bチームは、4年生が多く若いチームではありますが、それは言い訳になりません。


今日のブレーブスのようなチームに勝てるチームを目指して、更なる精進が必要であると痛切に感じた試合でした。

頑張っていこう!!