Bチーム 練習試合 対浦安キングスター 戦 10/25

10/25 Bチーム 練習試合 対 浦安キングスター


本日はダブルヘッダーということで午後は浦安に遠征し、浦安キングスターさんと練習試合を行いました。
結果は7対7の引き分けでした。

              

浦安キ 3 0 3 1 0 0 0    7
元加賀 3 0 1 3 0 0 0    7


この試合の先発はコウシロウ。
1回表の守りは、1番バッターを三振に取るスタートでしたが、その後フォアボール、ヒット、ワイルドピッチ等で3点を失いました。


しかし1回裏の攻撃ですぐに反撃です。
1番カンタがフォアボール後に盗塁し、3番ユウキのライト戦を破るスリーベース、4番タクミのツーベース、5番ダイスケのセンター前ヒットで同点に追いつきます。


2回は両軍ともに無得点で、迎えた3回の表。
キングスターにヒットと3つのフォアボールを足掛かりに3点を奪われ再び追う展開になりました。


3回裏の攻撃は、3番ユウキのフォアボール後の盗塁から、相手ワイルドピッチで1点を返します。


元加賀のピッチャーは、3回途中からダイスケにスイッチしましたが、4回表の守りもフォアボール後の盗塁でセカンドに進んだランナーを内野ゴロの間に生還を許してしまい、再び3点差とされました。


しかしながらこの試合の我がチームは粘り強く、4回裏に3点を奪い再び同点に追いつきます。
先頭打者の8番ソウタロウがショートゴロエラーで出塁すると、9番ケントが絶妙なバントヒットを決めて、ノーアウト1、2塁のチャンス。ここで1番カンタのショートゴロエラーで1点を返すと、2番リョウタと3番ユウキの打席で相手バッテリーのワイルドピッチやパスボールの間にケントとカンタが生還し、同点としました。
特に、カンタの生還は、キャッチャーがワンバウンドのボールをわずかに弾いた隙に、迷いなくホームを陥れた意識の高い走塁であったと思います。
ただ残念ことに、その後も続いたノーアウト2、3塁のチャンスで、4番タクミが三振、5番ダイスケ、6番ユウキが共にピッチャーゴロでものにできませんでした。ここは最低でも1、2点を取って畳み掛けるチャンスでした。悔いの残る攻撃となりました。


その後は両軍の投手を中心とした守備陣が頑張り、7対7の引き分けとなりました。


先制されながら良く追いつきましたが、一方で更に得点を重ねるチャンスや失点を防ぐ機会も多かった試合でした。
Bチームは、11月から墨東五区の大会が始まります。
個々の力を高めること、チーム力を高めるための課題はたくさんあります。
メンバー各自が自覚してレベルアップしていくことが必要だと感じます。

頑張っていこう!!