Aチーム ナガセケンコー杯 準々決勝 金町ジャイアンツ戦 3/5

3/5 Aチーム ナガセケンコー杯 準々決勝

 

ナガセケンコー杯の準々決勝で金町ジャイアンツさんと対戦しました。
ベスト4をかけた期待のかかる一戦でしたが、0対7の5回コールド負けと完敗しました。

 

元加賀  0 0 0 0 0    0
金町ジ  3 0 2 2 ×    7

 

元加賀先攻で始まったこの試合。
相手先発ピッチャーは、小柄ながらも緩急と制球力で勝負するタイプの好投手。
初回を簡単に三者凡退で打ち取られてしまいました。

 

その裏の金町ジャイアンツの攻撃。

 1番バッターがいきなりのセフティーバントヒットで揺さぶりをかけてきます。
出塁した1番バッターが二盗を決めると、2番バッターが大きく空いた三遊間を抜くヒット。
3番バッターが出塁し、ノーアウト満塁のピンチとなりました。
その後、内野ゴロの悪送球での失点とツーランスクイズを決められて、あっという間に3点を失いました。

 

元加賀のチャンスは3回の攻撃でした。
1アウトから今日8番に入ったリョウタがフォアボール、9番カンタも死球で出塁し、1アウト1塁、2塁のチャンス。
しかしながら後続が倒れて得点には至りませんでした。

 

0対3で迎えた3回裏の守りでは、初回にセフティーバントを決められた1番バッターにライトオーバーの3塁打を打たれました。
その後、エラーとヒットで2失点と1回に続き大事な場面でミスが出てしまい、相手に畳み掛けられてしまいました。

 

4回裏には、相手ランナーが溜まっている場面で、右中間を深々と破られる2点タイムリー3塁打を喫し一方的な展開となりました。


5回表の攻撃も三者凡退となり、残念ながらノーヒットゲームでの敗退となりました。

 

戦力的に上手のチームに対して、大事な場面でミスが出てしまうとこうなってしまうのは必然でしょう。
また、戦術面や選手一人ひとりの野球の知識や意識の面でも大きな差を感じました。
強豪チームとの差を痛感させられる試合となりましたが、これを各選手がどのように感じ、考え、行動に移していくのかが問われています。

 

かと言って、下を向いていても仕方がありません。
ベスト8まで勝ち残ったからこそ経験できたこの試合を、これからに活かして欲しいとエールを送りたいと思います。
ガンバレ!!元加賀!!