Bチーム 深川春季大会 準決勝 対 東陽フェニックス戦

3/20 Bチーム 深川春季大会 準決勝 対 東陽フェニックス

 

深川春季大B大会の準決勝で東陽フェニックスさんと対戦しましたが、3対5で惜敗し決勝進出はかないませんでした。

 

元加賀    1  0  1  0  1    3
東陽フ    3  0  1  1  0    5

 

初回に先取点を挙げたものの、1回裏に3点を奪われ逆転されると追いつけそうで追いつけない展開のまま試合終了となってしまいました。

 

1回表の攻撃、1番ダイスケがレフトオーバーの3塁打でチームに勢いをつけました。
2番3年生のシュンがスクイズを決めると、自らもセーフとなりチャンスを継続します。
3番タイヨウが手堅く送りバントで1アウト2塁としましたが、4番、5番が凡退し初回は1点のみとなりました。

 

その裏、フェニックスの1番バッターにセンター前ヒットを浴びると、盗塁とエラーで同点とされました。
その後もヒットと内野守備のミスで1、2塁のピンチを迎え、6番バッターにレフトオーバーの2塁打を喫し、3点を返され逆転を許しました。

 

3回表に相手野手悪送球で1点を返し波に乗りたいところでしたが、その裏に追加点を奪われ重苦しい展開となりました。

 

4回の元加賀の攻撃は、ベンチが動きます。
5番タクミがレフト前ヒットで出塁すると、カンタが代走として塁に出ます。
すかさず盗塁を決めて、ノーアウト2塁となりましたが、後続が続かず得点できませんでした。

 

逆に4回裏のフェニックスの攻撃で手痛いタイムリーで再び3点差とされてしまいました。

フェニックスは上位から下位までコンパクトなスイングでセンター中心に打ち返すバッティングが徹底されていたように思います。

 

最終回の元加賀は、1アウトから1番ダイスケがフォアボール、盗塁で2塁に進み、次打者シュンのサードゴロ送球エラーで1点を返しましたが、その後の打者が倒れてゲームセットとなりました。

 

実力は均衡していたと思いますが、大事なところで元加賀にミスが出たのに対し、相手はそのチャンスを得点につなげた差が出た試合だったと思います。

 

春季大会は今日で終戦となりましたが、レギュラーとして3試合にフル出場したシュン、今日いきなりライトで出場したジュンペイの3年生コンビは上級生に交じって遜色ない活躍を見せてくれました。これから始まるCチームの大会でも主軸としてチームを引っ張ってくれることでしょう。

そして、3試合を通してエースとして安定した投球をみせてくれたタイヨウ。

今日も味方のエラーなどで迎えた再三のピンチを粘りのピッチングで凌ぎました。

次は野手陣が堅守でタイヨウを盛り立てることを期待したいと思います。

また、今大会は主力メンバーに怪我人が出たこともあり、たくさんの選手が出場し随所に良いプレー見せてくれました。

普段試合に出ている選手もベンチで応援に回るという貴重な経験をしたと思います。

 

試合後に悔し涙にくれる選手たち。
頑張っているのは君達だけではなく、全チームの選手が必死に頑張っているのだから、勝つこともあれば負けることもあります。

それでも仲間と一緒に勝利を目指すという強い気持ちで前に進んでほしいと思います。

 

ガンバレ元加賀!!