Aチーム 江東区民大会 2回戦 北砂アイガー 4/29

4/29 Aチーム 江東区民大会 2回戦 対 北砂アイガー

 

1年で一番重要と言ってもよい江東区民大会が開幕しました。
Aチームは、昨秋の新人戦でベスト4に入ったことからシード権を獲得し、2回戦から登場となりました。
対戦相手は北砂アイガーさん。両投手の好投で息詰まる投手戦となりましたが、少ない得点機をものにし0対2で勝利しました。

※大会トーナメント表はこちら

 

北砂ア   0  0  0  0  0  0  0    0
元加賀   0  0  0  2  0  0  ×  2

 

この試合の立役者は1安打四死球無しでの完封劇を披露したコウシロウでした。
そして守備陣もノーエラーでエースの好投に応えました。

 

1回表の守りで、1番バッターを三振に仕留めると、続く2番、3番を内野ゴロに押さえて一気に波にのりました。
少年野球の場合、1番バッターに強打者を配するチームが多いと感じますが、アイガーの1番バッターも鋭いスイングをする好打者でした。
この先頭打者から三振を取れたことが大きかったと思います。

 

唯一のピンチは3回の表。
1アウトからレフト前ヒットで出塁したランナーを送りバントで進められ2アウト2塁となった後にボークでランナー3塁の場面。
この場面でもコウシロウが次打者から三振を奪い、自ら招いたピンチで動揺せず真っ向勝負で結果を出しました。

 

攻撃面では、3回まではは内野安打1本に押さえられていましたが、4回裏にチャンスが到来します。
先頭の3番タイヨウがセンターオーバーの2ベースヒットで出塁すると、続く4番カイトがセンター前ヒットと5番ダイスケの振り逃げでノーアウト満塁とします。
1アウト後に7番コウシロウがスクイズを決めて待望の先制を果たしました。
続くツーアウト2、3塁の場面で、代打リョウタがサード前のタイムリー内野安打で追加点。計2点を先制しました。

 

この2点を最後まで守り切ってしびれる試合に勝利しました。

 

年明けに新チームが結成されてからのベストゲームといえる戦いでした。
次戦は、明日(5/1)に東雲メッツさんとの対戦となります。
ベストゲームを超えるベストゲームを期待したいと思います!!ガンバレ元加賀!!