Aチーム 江東区民大会準決勝 対 深川ジャイアンツ

5/5 Aチーム 江東区民大会 準決勝 対 深川ジャイアンツ

 

江東区民大会準決勝で深川ジャイアンツさんと対戦し、2対4で勝利し、決勝戦へ駒を進めました!!

 

深川ジ   0  0  0  2  0  0     2
元加賀   0  0  1  3  0  0     4
(6回時間切れにより試合終了)

 

対戦相手の深川ジャイアンツは、区内きっての強豪チーム。
今大会も対戦チームを大差で圧倒してきました。
そんなジャイアンツ相手に我が元加賀がどこまでやれるのか、不安と期待が入り混じった試合前。
ところがそんな心配はどこ吹く風。選手達は特段緊張する様子も無く、普段通りの姿で試合に入っていきました。

 

深川ジャイアンツ先攻で始まったこの試合。

先発ピッチャーはコウシロウ。ここまで3試合連続完封の右腕が立ち向かいます。

先頭打者にフォアボールを与え、その後ボークで2塁に進まれてしまいましたが、後続のバッターを、
レフトフライ、ショートゴロ、ピッチャーゴロに仕留めて0点で封じます。

 

1回裏の元加賀も1番ユウキがフォアボールで出塁するも、送りバントの失敗などがあり無得点。
2回も両チームともにランナーは出すものの得点には至りません。

 

待望の先取点は3回の裏。
先頭打者の9番カンタがデッドボールで出塁すると、快足を飛ばして二盗を成功させます。
ここで1番ユウキが期待に応えてレフト前タイムリーヒットを放ちました!

 

チャンスの後にピンチあり。
1点リードで迎えた4回表の守備。しっかり守りたい場面でしたが、先頭の5番バッターに右中間を破られる三塁打を喫しました。
次打者6番バッターにも三塁打を打たれ1点を失い、逆転のピンチを迎えます。
さらに7番バッターにワイルドピッチで逆転を許してしまいました。
さすがは強豪チーム。一気に畳み掛けようという圧力を感じました。
そんな圧力を感じたのか、7番バッターのサードゴロの一塁への送球がエラーとなりノーアウト1塁。
これ以上の失点は避けたい場面で、1塁走者の盗塁をキャッチャー ユウキが刺しました。
このビッグプレーでチームが落ち着きを取り戻し、この回を2失点で凌ぐことができました。

 

1点を追いかける4回裏の攻撃は、5番ダイスケから。
ダイスケがサードゴロエラーで出塁し、6番コウタがフォアボールと無死1、2塁のチャンス。
ツーアウト後に9番カンタがこの日2つ目のデッドボールで出塁し満塁とします。
ここでバッターは先制打を放ったユウキ。
センター方向に打ち返した打球はセンターの頭上を大きく超えて走者一掃のツーベースヒットとなりました!!
ここぞという場面で見事に期待に応えたユウキ。そしてなんとか粘って満塁のチャンスを作った下位打線。
これまでの戦いの中で何度も出てきた得点を取る形をこの試合でも見せてくれました。

 

結局この回の3点が決勝点となり、勝利することができました。

投手コウシロウは、大会初失点となりましたが、深川ジャイアンツ打線を6回2失点に抑える好投でした。

 

さあ、これで決勝戦進出です。
大会参加42チームの中で、2チームだけが立てる決戦の場。喜びを感じながら全力を尽くして欲しいと思います!!

 

決勝進出を決めて大喜びの元加賀ナイン

 

この試合の全打点をたたき出したヒーロー ユウキ