Aチーム ジャビットカップ 江東大会 決勝 対 東王ジュニア

6/19 Aチーム  ジャビットカップ 江東大会決勝 対 東王ジュニア

 

午前の準決勝に引き続いての決勝戦は東王ジュニアさんとの対戦となりました。
緊迫した展開となりましたが、サヨナラ勝ちで優勝しました!!

 

東 0  0  1  0  0  0  1     2
元 1  0  0  0  1  0  1×   3

 

この試合の先発は、5年生のダイスケ。
終始落ち着いたピッチングで相手打線を2点に抑えての完投でした。フォアボール2つとコントロールが安定していたことが好投の要因だったと思います。

 

1回裏の攻撃では、先頭のユウキがセンター前ヒットで出塁すると2番ミクルが送りバントを確実に決めました。ここで3番タイヨウが右中間を破るツーベースヒットで1点を先制しました。

 

3回表の守備では、エラーで出塁を許したランナーを相手3番バッターにセンターオーバーのツーベースヒットで返され同点とされました。東王ジュニアさんの3番打者は女の子でしたが、素晴らしいバッティングを見せました。
その後も続くピンチは相手4番バッターをサードフライに打ち取り追加点は許しませんでした。

 

5回表の守備では簡単にツーアウトを取ったもののヒットとフォアボールで満塁のピンチを迎えました。ここで相手は再び4番打者。しかしこの場面でもピッチャーゴロに打ち取り得点を許しませんでした。

 

ピンチの後にチャンスが訪れました。
5回裏の元加賀は、1番ユウキから。そのユウキがレフト前ヒットを放つと2番ミクルの打席でワイルドピッチでユウキが2塁に進みます。ここでミクルがきっちりと送りバントを決めて1アウト3塁のチャンスで3番タイヨウが打席に入ります。
先制打を放ったタイヨウがこの場面でも期待に応えて、1、2塁間を抜く当たりを打ちユウキをホームに迎え入れました。

 

1点リードで迎えた7回表の守備。簡単にツーアウトを取ったところで落とし穴が待っていました。内野のエラーでランナーをセカンドに許すと、次打者2番バッターは緩いサードゴロ。サードのタイヨウが精一杯のプレーでファーストにボールを送球しましたが打者の足が勝り内野安打となりました。
するとこの間に相手2塁ランナーが一気にホームを陥れ同点に追いつかれてしまいました。このギリギリの場面での相手チームの抜け目のない走塁は見事でした。
さらにその後の3番バッターをフォアボールとし、迎えるは4番打者。
この試合最大の正念場でしたが、ダイスケが気迫の投球で三振を奪い相手の攻撃を終わらせました!!

 

同点で迎えた最終回の攻撃。
1アウト後1番ユウキがこの試合4本目のヒットで出塁すると、2番ミクルのバントは内野安打となりランナー1、2塁のチャンス。
ここで3番タイヨウがフォアボールで満塁とし、5番ダイスケが押し出しのフォアボールを選びサヨナラ勝ちとなりました!!


どっちに転んでもおかしくない試合を制し、このチームで初の優勝を飾ることができました。これで、チームは8月10日から開催されるジャビットカップチャンピオン大会に駒を進めました。


おめでとう!!

 

 

試合後の喜びに沸くベンチ

 

決勝戦のヒーロー ダイスケ。投打に大活躍でした。

 

大会のMVP賞を受賞したユウキ

 

新チームになって初めての優勝の味は最高だね!!