Bチーム 江東大会新人戦 準決勝  七北クラブ戦

9/3 Bチーム  江東区新人戦  準決勝  対 七北クラブ

 

江東区新人戦 準決勝で七北クラブさんと対戦しました。
追いつ追われつの接戦となりましたが、最終回に2点を勝ち越し6対4で勝利しました!!

 

元加賀  0  2  1  0  0  1  2     6

七北ク   1  0  0  0  2  1  0     4

 

この試合の先発はダイスケ。
1回の裏に1点を失いましたが、元加賀は2回にすぐさま反撃をしました。
先頭の4番コウタのヒットを契機にノーアウト2、3塁のチャンスをつくると6番に入った4年生のシュンがツーランスクイズを決めました!その後3回には、ツーアウトから2番ユウトを2塁において、3番タイヨウがライトオーバーのタイムリーツーベースを放ち3対1とリードします。

 

しかしながら5回裏に相手上位打線に3本のヒットを打たれ満塁のピンチを迎え、センター前ヒットとワイルドピッチで2点を失い同点とされました。

 

6回表の攻撃で1アウトランナー無しの場面で、5番ミクルが三塁線をライナーで抜く当たりを放ちました。相手レフトが処理をもたつく間に、ミクルは一気にホームに生還し、再び1点をリードします。
ところが、6回裏にスリーベースとヒットでまた追いつかれてしまいました。

 

接戦となった試合はいよいよ最終回の攻撃。
1アウトから9番カンタがセカンド横にゴロを転がすと気合のヘッドスライディングで出塁しました!次打者は1番ダイスケ。一塁ランナーのカンタが二盗を成功させると、ダイスケのサードゴロの間に三塁に進みます。続く2番ユウトの打席で相手投手がワイルドピッチ。カンタが生還して1点を勝ち越します。さらにユウトがフォアボールで出塁すると、3番タイヨウが3回に続いてのライトオーバー3塁打を放ちさらに1点を追加しました。

 

その裏の相手の攻撃をダイスケが三者凡退に仕留めてゲームセット。
シーソーゲームをものにした元加賀。深川ジャイアンツとの決勝戦に進出を決めました!

 

決勝戦に備えて栄養補給!!