Bチーム 深川秋季大会 1回戦  潮見パワーズ戦

9/17  Bチーム  深川秋季大会 1回戦 対 潮見パワーズ

 

深川秋季大会はまずはBチームの大会から開幕となります。
初戦の相手は潮見パワーズさん。
相手チームに先行される苦しい展開となりましたが、4対5でサヨナラ勝ちを収めました!

※大会トーナメント表はこちら

 

潮見パ  1  0  3  0  0  0    4
元加賀  2  0  0  0  2  1×    5

 

初回にパワーズに先制点を許しましたが、1回裏にすかさず2点を取り逆転しました。
フォアボールのダイスケを2塁において3番タイヨウがライトオーバー。ダイスケに続いてバッターランナーのタイヨウもホームを狙いました。厳しいタイミングではありましたが、相手の捕球ミスに助けられタイヨウも生還しました。

 

先発のダイスケは3回に相手打線につかまりました。
ツーアウト2塁から相手3番バッターに左中間を破られるツーベースヒットを打たれて1失点。
その後フォアボールとワイルドピッチ、内野のエラーで計3点を失いました。いつもコントロールの良いダイスケですが今日はコントロールに苦しみました。

 

4回からはタイヨウが登板し相手打線を抑え味方の反撃を待ちます。

 

元加賀の最終回の攻撃は、1アウト後に2番カンタがサードゴロエラーで出塁します。

その後二盗を決めたカンタをおいて3番タイヨウが打席に立ちます。ここのところ絶好調のタイヨウがこの場面でも期待に応えて右中間を破る三塁打を放ち1点差に迫ります。そして迎えるは4番コウタ。この緊張する場面でコウタがスクイズを決めて同点に追いつきました!

 

試合は特別延長戦に突入しました。
先攻のパワーズの攻撃は、ノーアウト満塁、6番バッターから。
タイヨウが最初のバッターを三振に取った投球がショートバウンドとなり捕手コウタがボールをこぼしました。この場面、塁が詰まっていることから振り逃げは無いのですが、勘違いした打者がファーストに走り出し、それにつられて三塁ランナーも飛び出しました。コウタがすかさず狭殺プレーに持ち込み三塁ランナーをタッチアウトにし、ツーアウト。さらに次打者をピッチャーフライに打ち取り、相手の攻撃を0点に押さえました。

 

その裏の攻撃は、ノーアウト満塁で6番シュンから。
相手投手は、この回から新しい投手にスイッチしましたが、コントロールが乱れてボールが先行します。ここで相手投手がストライクを取りに来たところをシュンが見事にスクイズを決めてサヨナラ勝ちとなりました!!

 

相手に先攻され、追いついても再び突き放されるという苦しい展開でしたが、粘って追いつき勝利することができました。
次の試合も粘り強く頑張ろう!!