Bチーム 都大会新人戦 3回戦 対 レッドサンズ

10/15 Bチーム  都大会新人戦 対 レッドサンズ戦

 

ベエスト8をかけた戦いは、レッドサンズさんとの対戦となりました。
壮絶な点の取り合いとなりましたが、7対15で勝利しました!

 

レッド  5  1  1  0  0  0     7
元加賀  9  0  0  1  0  4    15     
  ※6回コールド

 

初回、先攻のレッドサンズにいきなり2者連続ホームランを浴び、その後も4長打を打たれあっという間に5点をとられました。先発ダイスケの球は走っていましたが、ものの見事に打ち返されての大量失点でした。

 

ところが、元加賀も負けていません。
1回裏に先頭カンタが良くボールを見てフォアボールで出塁すると、すかさず二盗し、相手にプレッシャーをかけます。
2番コウタもフォアボールで出塁すると、3番タイヨウがレフトオーバーのツーベースヒットで2点を返します。さらに4番ミクルも出塁し、5番タクミのセカンドゴロの間に1点を返します。ここで6番ダイスケがレフト線を抜く3塁打でさらに1点。7番ケントはフォアボール、8番ジュンペイの強い内野ゴロを相手がトンネルし同点に追いつきました。
その後も9番ユウトがフォアボールで出塁すると、コウタ、タイヨウの連続タイムリーヒットなどでこの回9点を奪って試合をひっくり返しました。

 

2回以降のダイスケは抜き球をうまく絡めた緩急をつけたピッチングでレッドサンズの追加点を2点に押さえました。

 

元加賀は、4回裏にミクルの犠牲フライで1点を追加し、6回裏には、ダイスケの2ランホームランとタクミ、ケントのタイムリーで4点を追加し試合は決めました。

 

相手強力打線に5点を奪われた直後に強い気持ちで立ち向かった元加賀ナイン、逞しくなりました。
特に1番カンタが粘ってフォアボールで出塁した直後に盗塁を決めて、ノーアウト2塁にしたことで「これでいける!」という雰囲気になりました。「取られたら取り返す」という気持ちが一つになって、選手一人ひとりが自分の役割を果たすことを意識した結果の猛反撃だったと思います。

 

これでいよいよベスト8。
頂点が少しだけ見えてきたような気がするナイスゲームでした。

ガンバレ元加賀Bチーム!!